201603_eventphoto

音痴を克服したい!
ボイストレーニングをしてみたい!
などなど。

歌うことが好きな方、プロのレッスンを受けてみませんか?

アカペラグループ RAGFAIRやBroad6でハイトーンボイスで活躍する加藤慶之ボイストレーニングVol.4を北上にて開催します。

日時:2016年3月5日(土)6日(日)

3月5日(土)
受付可能時間:12時00分~20時
場所:北上市さくらホール2階 レッスンルーム2

3月6日(日)
受付可能時間:10時~16時
場所:北上市さくらホール2階 レッスンルーム2

■個人レッスン
1レッスン60分
レッスンの内容は生徒さんのヴォーカルスキルや目標などによって変わってきます。
ボイストレーニングの効果を最も早く体感したい方には個人レッスンをお勧めします。

■ペアレッスン
1レッスン75分
お友達と2人で・夫婦2人で、など2人でレッスンを受けたい方、
もしくは2人でハモりたい方々のためにペアレッスンも行います。

■受講料
個人レッスン(60分) お一人様 8000円
ペアレッスン(75分) お一人様 6000円

お申込み・お問い合わせ
gakuya2010@yahoo.co.jp
*こちらからの返信ができるよう設定お願いします。メールエラーによりご連絡が取れない場合はこちらで対応致しかねます。
*レッスン時間の調整などでご連絡が遅くなる場合、キャンセル待ちとなる場合もございます。
*定員になり次第締め切ります。
以上、ご理解の上よろしくお願いします。

★皆様、楽しく歌いましょう!
ご応募お待ちしていますo(〃^▽^〃)o

ボイストレーナー 加藤慶之
【RAG FAIR / BROAD6 / Humming Birds / ソロ にて活動】
プロフィール

略歴
1995年 高校生の友人とアカペラグループを結成
1996年 大学にて仲間と共にアカペラサークルを設立
1999年 インカレアカペラグループRAG FAIR結成
2001年 RAG FAIRでメジャーデビュー
2002年 第53回NHK紅白歌合戦に出場
2003年 テレビ朝日「第40回ゴールデンアロー賞」出演。音楽新人賞受賞。
2005年 日本武道館にてRAG FAIR単独LIVE開催
2009年 ジャズアカペラグループBROAD6結成
2012年 Doo-WopアカペラグループHumming Birds結成
2013年 ボイストレーナーとしての仕事をスタート

高校3年の時に無伴奏で声だけで奏でるアカペラの虜になり、人の歌声に強く興味を持つようになる。声に関する専門書やボイストレーニングに関する教則本 を買い漁り、練習を重ねてハイトーンを出せるようになっていく。それを生かしアカペラグループではトップコーラスを担当するようになる。1999年に結成 したアカペラグループRAG FAIRで2001年にメジャーデビュー。アーティスト活動をしながらボイストレーニングを続けて声域を広げ、2009年にジャズコーラスグループ BROAD6の活動もスタート。他にも自身のソロ活動なども行いつつ、国内外の有名なボイストレーナーの著書なども取り寄せて勉強を続ける。その知識とプ ロアーティストとしての経験を生かし、2013年にボイストレーナーの仕事をスタート。

『得意分野』
私自身も数名のボイストレーナーの方のレッスンを受けてきたわけですが、そこで感じたのはボイストレーナーにはそれぞれ得意分野があるということです。私も様々な分野の勉強はしていますが、自分の得意分野を挙げるとすれば「高音域を伸ばす/広げる」ということでしょうか。そのノウハウを沢山持っています。
シンプルに「高い声が出せるようになりたい!」「あの歌を原曲キーで歌えるようになりたい!」と思っている方、ミックスボイス・ヘッドボイスによる高音域に興味がある方、ぜひ一緒に学んでいけたらと思います。
また「ハモる」ということに関してもノウハウがいっぱいあります。2人でハモりたいという方のためにペアレッスンのコースもありますし、個人レッスンの方でもご要望があれば私がハモっちゃいます。ぜひ一緒にハーモニーを楽しみましょう!

メッセージ
私はコーラスグループにてトップコーラスを担当することが多いですが、最初から高い声が出たわけではありません。発声について学び、練習に練習を重ねて獲得してきたものです。その道のりは決して平坦ではありませんでした。発声のバランスを崩して声が安定せず、歌手としての仕事を辞めようと思った時期もありました。
そんな状態から救ってくれたのがボイストレーニングでした。ボイストレーナーに自分の声の状態に合ったエクササイズをしてもらうことで、発声の改善と声域の拡張が急ピッチで進みました。実はここが重要なんです。トレーナーに“客観的に聴いてもらいその声の状態に合ったエクササイズを処方してもらうこと”、これが目標達成の一番の近道となります。
私は随分遠回りをして来ました。教則本は大変有難いものなのですが、書いてある“イメージ”を浅い知識で自分なりに解釈してしまうと必ずと言って良いほ ど行き詰まります。私は間違った解釈で突き進んでは行き詰まる、それを繰り返していました。デビューしてからLIVEやCD、テレビやラジオなどで“自分 なり”のハイトーンを披露してきたわけですが、あれは若いからギリギリ成し得た荒技でした。少々聴き苦しくてもそれはそれで元気いっぱいで良いとも思いま すが、10年前のあの歌い方で今歌い続けることは出来ません。人は大人になってからも声は少しずつ変化していきます。自分の年齢に合った発声方法を見つけていけたなら、きっと長く歌い続けていくことが出来るでしょう。
私はそう信じて自分の声と、皆さんの声と向き合い続けて行きたいと思います。

公式サイト
http://joyfulvoice.net/